3.アクティブファンドは買ってはいけない

資産運用 編(分散投資web)
  1. 元本割れの真実
  2. リスクの種類と解説
  3. 外貨投資をしないことはデメリット
  4. ポートフォリオ@円資産と外貨資産
  5. ポートフォリオAインデックス投資
  6. ボラティリティでリスクを知る
  7. 相関係数から分散投資
  8. 買うタイミング=ドルコスト平均法
  9. 売るタイミング=リバランス
  10. 初めての投資商品選び
  11. 目的別資産運用はしない
FX(外国為替証拠金取引) 編
  1. FX(外国為替証拠金取引)はハイリスクか?
  2. FX(外国為替証拠金取引)の期待リターンは?
  3. スワップ金利とは
  4. 金利リスクに注意
  5. FX(外国為替証拠金取引)の使い方
  6. 通貨分散の意義と問題点
  7. 通貨ペアの選び方
インデックスファンド 編
  1. インデックスファンドとは
  2. インデックスファンドのコスト
  3. アクティブファンドは買ってはいけない
  4. インデックスファンドでの資産運用
  5. インデックスファンド(日本株式)一覧と選び方
投資・資産運用本Books
分散投資web相互リンク
コスト比較

 アクティブファンドと
 インデックスファンドでは
 インデックスファンドがコスト面で有利でした。

【日本のアクティブファンド手数料】
何時 名称 手数料 説明
購入時 販売手数料 購入金額の2〜3% 販売会社(証券会社、銀行など)に払う
運用中 信託報酬 基準価額の1〜2% 販売会社、運用会社、信託銀行へ払う
解約時 信託財産保留金 基準価格の0.3〜0.5% 信託財産(投資信託の資産全体)に残しておく金額のこと

【日本のインデックスファンド手数料】
何時 名称 手数料
購入時 販売手数料 0円(ノーロード)
運用中 信託報酬 基準価額の0.5〜1%
解約時 信託財産保留金 なし

 アクティブファンドにも
 ノーロードで、解約時にかかる信託財産保留金がないものもあります。
 そういうファンドであっても
 信託報酬の差で
 インデックスファンドには勝てません。

アクティブファンドとは

 ところで
 アクティブファンドとは、どんなファンドなのでしょうか。

 インデックスファンドを「パッシブ運用」
 アクティブファンドを「アクティブ運用」という言い方をします。

 「パッシブ」というのは、市場の平均リターンを目指す運用方法のことです。

 それに対して
 「アクティブ」とは、市場の平均リターンを上回るように運用する方法のことです。

 アクティブ運用は
 ファンドマネージャー(投資のプロ)が
 知恵を絞って運用するファンドです。

 パッシブ運用でも、ファンドマネージャーが分散投資するのですが
 システム的に運用するものです。

運用成績は?

 ファンドマネージャーが、知恵を絞って運用するのだから
 アクティブファンドは、さぞかし、好成績なのだろう、と思いきや…

 アクティブファンドの負けが多いのが現実です。

 何故、運用成績で
 インデックスファンドに、アクティブファンドが負けるのでしょうか。

 主に、コストの差が大きいのです。

 良いアクティブファンドは、短期的にはインデクッスファンドよりも
 3%程度、高い運用率をだせるといわれます。
 なかには、5%、7%というファンドもあるでしょう。
 (平均的なアクティブファンドはもっと低いようです)

 この好成績は長期では続きません。
 にもかかわらず、コストが、かかりすぎるのです。
 1〜2%くらいは、コストで差があります。
 もっと差がある場合もあるでしょう。
 そのため、長期的には、コストがかさんでしまうのです。

 それと
 市場は、「効率的である」といわれています。
 株価は、あらゆる情報を織り込んで決まります。よって儲かりそうな情報はすぐに市場価格に反映されてしまい、儲けをだすことはできないのです。
 これを「効率的市場論」といいます。

 効率的な市場においては
 ファンドマネージャーが、知恵を振り絞っても
 平均リターンを超えることは、難しいのです。

たとえ勝てたとしても、勝ち続けることはできない

 アクティブファンドは
 優秀なファンドも存在します。

 ただし
 1年間だけ、または2年間だけという短期間において。

 長期間において
 同じファンドが、インデックスに勝ち続けることはありません。

 この事実一つとっても
 アクティブファンドは買うべきでないのです。

 ファンドは
 長期投資してこそ、意味のあるものです。

 20年間のうち
 僅か、1年か2年、インデックスよりよい成績だからといって
 後、18年か19年の間、悪い成績であれば
 資産運用になりません。


   1.インデックスファンドとは
   2.インデックスファンドのコスト
   3.アクティブファンドは買ってはいけない
→4.インデックスファンドでの資産運用
   5.インデックスファンド(日本株式)一覧と選び方


関連ページ
 投資信託(ファンド)
 インデックスファンドの選び方
 インデックスファンド一覧
 国際分散型セゾン投信どうよ?


FXの正しい使い方→年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

投資の最終責任は、投資家自身にあります。当サイトの情報をもとに取引された場合でも損益への責任は一切負いません。

Copyright (C) 分散投資web, All rights reserved.