2.インデックスファンドのコスト

資産運用 編(分散投資web)
  1. 元本割れの真実
  2. リスクの種類と解説
  3. 外貨投資をしないことはデメリット
  4. ポートフォリオ@円資産と外貨資産
  5. ポートフォリオAインデックス投資
  6. ボラティリティでリスクを知る
  7. 相関係数から分散投資
  8. 買うタイミング=ドルコスト平均法
  9. 売るタイミング=リバランス
  10. 初めての投資商品選び
  11. 目的別資産運用はしない
FX(外国為替証拠金取引) 編
  1. FX(外国為替証拠金取引)はハイリスクか?
  2. FX(外国為替証拠金取引)の期待リターンは?
  3. スワップ金利とは
  4. 金利リスクに注意
  5. FX(外国為替証拠金取引)の使い方
  6. 通貨分散の意義と問題点
  7. 通貨ペアの選び方
インデックスファンド 編
  1. インデックスファンドとは
  2. インデックスファンドのコスト
  3. アクティブファンドは買ってはいけない
  4. インデックスファンドでの資産運用
  5. インデックスファンド(日本株式)一覧と選び方
投資・資産運用本Books
分散投資web相互リンク
 ファンド(投資信託のこと)には
 主に3つのコストがかかります。
  1. 販売手数料
  2. 信託報酬
  3. 信託財産保留金
【日本のアクティブファンド手数料】
何時 名称 手数料 説明
購入時 販売手数料 購入金額の2〜3% 販売会社(証券会社、銀行など)に払う
運用中 信託報酬 基準価額の1〜2% 販売会社、運用会社、信託銀行へ払う
解約時 信託財産保留金 基準価格の0.3〜0.5% 信託財産(投資信託の資産全体)に残しておく金額のこと

【日本のインデックスファンド手数料】
何時 名称 手数料
購入時 販売手数料 0円(ノーロード)
運用中 信託報酬 基準価額の0.5〜1%
解約時 信託財産保留金 なし

 販売手数料では
 アクティブファンドでもノーロード(0円)が増えていますが
 インデックスファンドには、ノーロードが多いです。

 信託報酬は
 アクティブファンドの約半分。1%未満が多いです。

 信託財産保留金は
 アクティブファンドでも、インデックスファンドでも、「ない」ものが多いようです。
 「なし」の場合、投資家の誰かが解約するときにかかる手数料をファンド(純資産)の中から払うものです。つまりはファンドを保有している人が負担することになります。
 「あり」の場合は、解約者自身が、解約する時に負担することになります。
 なので、「あり」「なし」どちらでもいいと思います。

 よって
 インデックスファンドにかかる手数料は
 信託報酬だけを気にすればいいのです。

 基本的に
 ノーロード(購入手数料無料)のインデックスファンドを買いましょう。
 (外貨建てファンドは、また口座管理費などの別の手数料もかかります)

 インデックスファンドを選ぶ基準は
 コストです。

 コストが安ければ安いだけよいファンドです。


   1.インデックスファンドとは
   2.インデックスファンドのコスト
→3.アクティブファンドは買ってはいけない
   4.インデックスファンドでの資産運用
   5.インデックスファンド(日本株式)一覧と選び方


関連ページ
 投資信託(ファンド)
 インデックスファンドの選び方
 インデックスファンド一覧
 国際分散型セゾン投信どうよ?


FXの正しい使い方→年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

投資の最終責任は、投資家自身にあります。当サイトの情報をもとに取引された場合でも損益への責任は一切負いません。

Copyright (C) 分散投資web, All rights reserved.